あのプロペシアって、本当につむじはげを改善できるの?

毎日服用することで、育毛効果があるとされるプロペシア

AGAのような、つむじから進行する薄毛に悩む人が多く利用している医薬品であり、現在は世界約60カ国で承認されています。


プロぺシアってなぜ薄毛の改善に人気があるのか?

世界で初めて、医師が処方する男性型脱毛症の治療薬としてプロペシアは知られています。

名前だけは聞いたことがあるという人が多いのは、これが理由のひとつでしょう。

日本国内では、2003年に厚生労働省に承認許可が申請されたのち、22005年から販売されています。

医師が処方する医薬品として、0.2ミリグラムの錠剤と、11.0ミリグラムの錠剤があります。その人の薄毛の症状や体質、毛質や肌質、健康状態や生活リズムなどに合わせて、適宜服用条件が変わることもあるので、専門の医師とこまめな打ち合わせをするようにしましょう。


プロペシアの効果がつむじはげの原因を阻害してくれる!

さて、この「プロペシア」に含まれている、AGAの有効成分は「フィナステリド」と呼ばれるものです。

つむじから広がりやすい男性型の脱毛症は、5a還元酵素という酵素の働きが原因>となることがとても多いものです。

悪玉男性ホルモンの働きによって、毛周期の乱れ、成長し切っていない未熟な毛髪が抜けてしまうなどの症状が引き起こされてしまっているのです。

この成分が「ジビドロテストステロン」と呼ばれるもので、実際に脱毛症に悩む男性の頭皮から、通常よりかなり多くの量発見されています。

ジビドロテストステロンが毛乳頭細胞に存在している男性ホルモン受容体と結合することで、成長期の毛髪が退行期や休止期に移行するように命令が下されてしまうのです。

プロペシアを服用することで、この5a還元酵素を阻害し、太くて健康的な毛髪の育成を目指していくというわけです。

弱々しくなっていた細い毛に、コシやハリを与え、全体的な毛量のボリュームアップも目指します。

一般的に、服用から三年間で八割近くはげに改善効果が認められている医薬品でもあります。つむじをはじめとして、薄毛にお悩みの方は一度医師に相談してみると良いでしょう。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ