これマジ!つむじはげになる理由にはストレスや男性ホルモンが関係する!

つむじはげになる理由は様々ですが、主に生活環境が原因になっていることが多いようです。

また、最近頻繁に見られる<strong>AGA(男性型脱毛症)もつむじに症状が現れることが多く、これも1つの理由として挙げられます。

生活環境の原因とは一体何か、それはストレスや食生活、生活リズムなど多くの要素があります。


ストレスがつむじを薄毛にしてしまう理由とは!

つむじはげの原因として、その中でも特に注意しなければならないのがストレスによる抜け毛です!

ストレスは人体の正常な活動を妨げるものです。人体は、ストレスを感じると、自律神経に障害をもたらし、その障害により、自律神経のバランスが崩れ、血管を収縮させてしまいます。

血管が収縮することで、毛髪の成長に必要な栄養分が届きにくくなり、結果、毛髪の衰退につながります。

AGAの原因は主に男性ホルモンと言われています。男性ホルモン量は遺伝による影響が大きいですが、生活環境の悪化なども作用しているため、やはり生活環境を正常に整えることが必要になります。


AGAやつむじはげ改善に生活習慣の見直しが効果的な理由とは?

食生活の乱れも薄毛を引き起こす原因ですが、特に脂っこい料理やアルコールの摂取量が増えると、体内に蓄えられる皮脂の量が増加します。

皮脂が増加すると、それに合わせて分泌量が増えてしまい、油っぽい肌、つまり脂性肌になります。

皮脂は肌を乾燥から守るために必要不可欠なものですが、過剰に分泌された皮脂は臭いや肌荒れなどの原因となります。頭皮であれば、毛穴に皮脂が溜まってしまい、毛髪の成長を妨げてしまうのです。

睡眠不足も毛髪にとっては大敵です。

毛髪も体の一部であり、日々成長しています。正常な成長を保つには1日の疲れを癒す、つまり睡眠をとることが必須ですが、これが不足すると、正常な髪の成長ができなくなります。

寝不足で翌日にだるさを感じたり、集中できないといった経験をした方も多いと思います。これを改善するには不足した分の睡眠をとらなければなりませんが、それができない場合、人体の防衛機能として優先度の低い機能がストップしてしまうのです。

毛髪の機能は内臓や筋肉など生命の維持に直接的に関係していないため、早い段階で発毛機能がストップします。発毛機能がストップした毛髪は、それ以上の成長を見込めなくなる他、衰退していき、やがて脱毛してしまうのです。

慢性的なものであれば、その症状は顕著に表れます。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ