そこが知りたい!悩ましいつむじはげは遺伝によるものなのか?

近年、各方面で話題になっている「AGA」。つむじをはじめとして、薄毛問題に深刻に悩んでいる人はとても多くなっています。

特に、加齢と共に悩み始める男性の数は圧倒的であり、様々な育毛方法や改善方法が検討され、育毛剤や育毛シャンプーをはじめとして、サプリメントや健康食品など、内側からのアプローチも推奨されています。

健康的な生活を心がけ、栄養状態や睡眠によって健康を保ち、頭皮をケアすることも良いとされていますね。


安心した!つむじはげは遺伝では決まらない!

そんな薄毛ですが、やはり多くの人は「遺伝」について気にされているようです。

確かに、親から子に伝わっていくものは侮れませんし、その威力については、近年の科学によって様々なものが証明されていますから、まるきり無視することは出来ないでしょう。

特に男性では、自身の父親が脱け毛に悩んでいたり、生え際の退行やつむじの状態を気にしていると、余計将来の自分もそうなるのではないかと考える傾向にあります。

基本的に、日本人はつむじから薄毛が進行するタイプが多くなっています。

これは頭蓋骨の発達の仕方に関係していると言われています。実はこのタイプの毛髪が薄くなっていく現象は、遺伝子によるものは少ないのです。


生え際から薄くなっているのは遺伝による薄毛のタイプ

遺伝の影響で薄毛になるのは、むしろ生え際から後退していくタイプの人であると言われています。

帽状腱膜が固くなったり、頭蓋骨の発達により、頭皮の血行不良や毛根の酸欠状態が進行してしまうのです。

これを含めて考えると、頭の頂点は身体の中で最も高い位置にあります。そのため、血行はどうしても悪くなってしまいがちですが、生え際ほど強い影響を受けないというわけなのです。

逆に言うのであれば、つむじはげは後天的なものである可能性が非常に高く、そのため改善には本人の努力と、効果的なアプローチが必要ということになります。

自身の生活を見直して、健康的な毛髪の育成に励むと共に、より効率の良い育毛方法を実践していく必要があるでしょう。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ