女性はげはつむじや分け目に発症しやすい

薄毛は性別を問わず、女性にも表れます。

また、つむじや側頭部など発症する部位も様々です。

特に女性の場合、つむじもしくは分け目が薄くなる傾向にあります。



ホルモンバランスの乱れは分け目が薄くなる原因のひとつ

分け目部分の頭皮が見えている状態で、目立つ部位のため、精神的なストレスも非常に大きいといえます。

この分け目部分が薄くなる理由は2つあります。

1つ目は毛髪の太さが以前に比べて細くなっている場合です。「抜け毛が増えたわけではないのに何故」、と悩んでいる方も多いと思います。

実際の毛量(頭髪の本数)は以前と変わりがないのに分け目部分だけ薄くなっていると感じるのは、毛髪の太さが細く、ハリやコシがなくなったためにボリュームがなくなり、地肌が透けて見えるようになっているのです。

つまり、毛髪1本1本が衰退していることにより薄く見えるケースです。このケースでは、育毛を行うことで以前のボリュームを蘇らせることができます。

育毛というと、育毛剤の使用などをイメージすると思いますが、育毛剤の使用以外にも育毛治療があります。

女性の場合、ホルモンバランスの乱れなどにより発症することがあります。

会社や家庭でのストレスが原因となり、ホルモンバランスを崩し、その症状として薄毛という症状が出ているのです。

ですので、まずは生活環境を整え、ホルモンバランスを安定させることを行いましょう。



頭皮の血行を良くして薄毛対策をしよう!

2つ目は実際に抜け毛の量が増え、薄くなっている場合です。このケースでは、発毛と育毛を行なっていく必要があります。

女性の場合、男性と違って、薄毛になっても毛根が生きているケースが多く、比較的早い期間での改善が見込めます。

1つ目のケースにも同様のことがいえますが、女性はげはヘアサイクルの乱れが原因となっていることが多く、その根源はホルモンバランスの乱れであったり、血行不良、乾燥などが挙げられます。

対策としては頭皮を正常に保つこと。この時、頭皮ケア用のシャンプーを使用するなど、使用するシャンプーにも意識してみるといいでしょう。

また、頭皮の血行を改善するため、マッサージなどを行うのもベストです。

食生活もバランスのとれた食事を取るように心がけるようにします。食事だけで栄養素を取れない場合には、サプリメントで補給するのも賢い選択です。

頭皮は皮脂が多すぎてもダメですが、少なすぎてもいけません。少なすぎると乾燥してしまい、フケやかゆみなど頭皮にダメージを与えてしまうことになります。

この対策は1つ目のケースにも効果的です。すぐに実践できることなので、今日から行ってみてはいかかでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ