男性が抱えやすい、つむじはげ問題について!

薄毛の原因は人それぞれではありますが、特につむじからの髪の毛の現象に困っているのは男性となっています。

加齢と共に薄毛や脱毛は進行する傾向にあり、実際に非常に多くの人が悩みを抱えているとされています。

髪の毛が薄くなってしまうのは、何らかの原因によって、毛が細くなってしまったり、抜け落ちてしまったり、正常な成長をしなくなってしまったりすることで起こります。

「AGA」と呼ばれるものもありますね。AGAは放置することで進行してしまう危険性が高い症状でもあります。近年では、メディアでも頻繁に取り上げられていますが、専門の医師に相談することも推奨されています。


男性に多いつむじはげの原因は男性ホルモン!

つむじはげが進行してしまうメカニズムを追っていきましょう。

まず、男性ホルモンの「テストステロン」。筋肉的な体つきを生成したり、たんぱく質を筋肉や内臓に変える手助けをしたり、必要な皮脂を分泌させたり、頭髪以外の体毛育成を促進したり、性欲を高めたりする働きがあります。

しかし、このテストステロンには、5aリダクターゼという酵素が働いてしまうことがあります。

この酵素によって、必要だったテストステロンはジビドロテストステロン「DHT」に変化してしまうことがあるのです。

ジビドロテストステロンの別名は、「悪玉男性ホルモン」。

発毛サイクルを狂わせてしまい、毛髪が健康的になる前に、成長期を止めてしまいます。

細胞分裂を止めてしまうため、毛髪サイクルの休止期が長くなってしまい、結果的に薄毛が進行してしまうことになるのです。


薄毛の原因、悪玉男性ホルモンを抑制すればつむじもフサフサ!

逆に言うならば、5aリダクターゼを抑制することが、薄毛の治療方法にも繋がります

結果的に、ジビドロテストステロンの生成が抑制されることになりますから、毛周期が正常になり、細胞分裂も活発になって、健康的な毛が生えやすくなるのです。

脱毛因子「FGF-5」の発現を抑制することも効果的な方法ですね。頭皮の血行を促進して、不必要な頭皮の皮脂分泌を抑えることが重要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ