薄毛の原因になりやすい、つむじの頭皮環境の悪化について!

典型的な薄毛の原因は、つむじの環境や状態にあります。

男性の場合は、男性ホルモンや加齢などが原因で、つむじの余分な脂や皮脂によって毛穴に汚れが蓄積されます。

毛穴が詰まることで、新鮮な酸素と栄養の循環が悪くなり、毛髪の成長を妨げたり、必要以上の毛髪が抜け落ちたりするその結果、十分な量の毛髪が生え揃わず薄毛原因に。

つむじが臭い始めると薄毛のサイン!

皮脂は頭皮を乾燥から守り頭髪の保護するために必要なものですが、皮脂の分泌量が多すぎると頭皮環境を悪化させ、薄毛や臭いのもととなります。

放ったままにしておくと、毛穴を完全に塞いでしまい、中にあるアポクリン線から分泌される汗が発散されずに溜まってしまいます。

毛穴が蒸れた状態になり、外部からの汚れが重なることで酸化し、加齢臭やオヤジ臭と言われる悪臭を放つことに。毛穴内部も不衛生になり、毛根も正常に機能しなくなるので、健康な毛髪の成長は困難になってしまいます。

整髪料が原因で毛穴がつまり薄毛になってしまう!

毛穴の汚れは、男性ホルモンや加齢による皮脂分泌以外にも、ワックスやスプレーの過度な使用も原因となります。

ワックスは根元からつけるのは厳禁。含有成分が毛穴を詰まらせ、育毛の妨げになることもあります。

少なめの量を手でのばしてから、髪の毛につけるという意識で使いましょう。根元につけなければ、べたつきも軽減されスタイルをキープすることもできます。

またスプレーは頭皮を避けることが難しく、頭皮汗腺からの汗や脂の排出を阻止してしまいます。なるべく毛髪に当てるように、きちんと洗い流すことが大切です。

薄毛予防で過剰に皮脂を落とすと逆効果!

さらに間違った頭皮ケアも薄毛原因の一つ

整髪料や脂を落とそうと、洗浄力の強いシャンプーを使ったり、シャンプーブラシや爪でゴシゴシこすったりしていませんか?

つむじを必要以上に洗浄すると、反対に皮脂の分泌を活性化させてしまったり、頭皮に傷がついたりします。

やさしくしっかり洗うことと、シャンプーが残らないよう丁寧にすすぐことが大切です。当てはまる薄毛の原因があれば、早速改善策を心掛けましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ