薄毛の原因は生活習慣にあった?つむじへの負担は最小限に!

老若男女に共通する薄毛の悩み

その原因は一つではありません。

自分に当てはまる薄毛の原因を知り、正しい対策予防を行いましょう。

揚げ物が好きな人は、薄毛が多い!?

食生活は毛髪に大きく影響します。

特に揚げ物や肉類などの脂っこいものを好む人は、薄毛になる傾向が強くなります。

それは頭皮の皮脂の分泌が過剰になり、つむじの毛穴の汚れや詰まりの原因になるから。

毛髪の主成分であるたんぱく質やミネラル、ビタミンをバランスよく摂取することが大切です。

同様に、塩辛いものの摂り過ぎもつむじにマイナス効果となるので控えましょう。

ヘビースモーカーは、薄毛になりやすい!?

また喫煙や過度の飲酒も薄毛の原因の一つ。

毛髪を作っている毛母細胞は血液を通して栄養を受け取ります。

ニコチンは血管を収縮させ、血液の循環を悪くすることから、末端にある毛髪へ栄養が行き届かず脱毛へと結びつきます。

アルコールに関しても適量であれば毛母細胞を活性化させますが、量が過ぎると肝臓への負担から毛髪への栄養補給も困難になります。

イライラ、ストレスはげの原因になる!?

またいつも慌てていたりイライラしたりしていませんか?

ストレスから円形脱毛症になる人もいますが、薄毛にも多大な影響があります。

ストレスは精神的なものだけでなく、身体的ダメージも大きく、特に血管に影響を及ぼします。

末梢神経が収縮し血行不良になることで、つむじが固くなり、毛髪の育成も妨げます。

時間と気持ちに余裕を持って行動することを心掛けましょう。

また日中の紫外線やホコリ、気温差など、毛髪の負担は意外と大きいもの。

睡眠不足や日頃のヘアケア不足はげになってしまう!?

短すぎる睡眠時間だと、身体や内臓の回復が優先されるため、毛髪にまで十分な時間が取れません。

適切な睡眠時間を設けることで、休息・回復させることも大切なことです。

特に女性の場合は、冷え性やむくみ、ヘアケア方法なども気をつけなければなりません。

シャンプーは全体的にしっかりと洗い流し、特につむじは念入りに行いましょう。

濡れたままにせず速やかに乾かすことも忘れずに。そうすることでパーマやカラーも長持ちし、頻度を減らすことができます。

健康な毛髪作りのために、血行を良くし、負担を最小限に抑えることが大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ