つむじはげになった時の対策を知っておこう

つむじはげ対策として、最も重要なのは原因となる要素の改善です。

薄毛の原因でもっとも大きなものがストレスです。



つむじはげの原因といわれるストレスの解消法とは?

薄毛の原因といわれるストレスは自律神経を不安定にして、血管を収縮させてしまいます。

血管が収縮すると毛髪の衰退化、後に脱毛へと繋がっていき、毛髪の正常な成長を期待できません。

つまり、このストレスを改善することがもっとも優先的に行うべき対策と言えます。

しかしながら、ストレスを全く受けないようにするということは不可能に近いといっても過言ではありません。

そのため、受けたストレスは、溜めずに解消するようにしましょう。

ストレスの解消といっても方法は各々違うと思いますが、もっともオススメの方法が運動を行うことです。

運動であればなんでもいいというわけではなく、有酸素運動が効果的であるとされています。代表的な有酸素運動がランニングやウォーキングなどの比較的に負荷が少なく、長時間(30分以上)行えるものです。

有酸素運動を行うことにより、ストレスを解消できる他、代謝を上げて血流を良好にします。

また、老廃物を汗として体外へ出すことができるのも有酸素運動を勧める理由の1つです。

さらには、定期的に運動を行うことで自律神経を安定させることができるので、一石二鳥どころか三鳥にも四鳥にもなるのです。



偏った食生活、睡眠不足はつむじはげやハゲの原因に

薄毛やハゲの原因として挙げられるのが偏った食生活、睡眠不足です。これらはつむじはげでも当てはまります。

また、睡眠不足に関しては、慢性化することで、食生活に関しては、内臓の疾患や肥満になることで、ストレスの元になるので、正しく、バランスの取れた食生活、十分な睡眠をとることは重要であると言えます。

特に、睡眠に関しては昼に活動し、夜中に寝るようにしましょう。

1日の中で、もっとも毛髪が成長するのが夜中の0時前後の4時間です。この時間帯に睡眠をとることで、毛髪の成長を促してあげるようにします。

また、お酒をよく飲む、タバコを吸う方は、禁酒・喫煙するもしくは量を控えるようにするといいでしょう。

お酒を飲むとアセトアルデヒドという物質が体内に溜まるため、これを分解する必要があります。しかし、一定量を超えると分解しきれずに血管を通して体中を回ってしまいます。

アセトアルデヒドは脱毛の原因となる男性ホルモン・ジヒドロテストロンの生成を促すので、過度な飲酒は避けるようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ