つむじはげを招く男性ホルモンの生理学的な仕組みとは?

薄毛の原因には個人差があり、始まる年齢や、症状が出る箇所も人それぞれ。

男性の場合、思春期を過ぎたあたりから、生理現象として脱毛が始まるので、早い人で20代から実感する人も少なくありません。

おでこの生え際や、つむじから毛髪が抜けていき、次第に肌の露出が拡大していきます。それらの原因には、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足、遺伝的要因などさまざま。

男性の特有であるつむじはげは男性ホルモンが悪さをする!

女性の場合は、過度の乾燥や毛髪のダメージ、むくみ、冷えなどから脱毛を引き起こすことが多く、毛髪が細くなるという特徴があります。

男女に共通して言えることは、生活習慣や体質改善の見直しの重要性。毎日の積み重ねが、毛髪にも大きく影響しているということを意識することが大切です。

一方で、男性特有の脱毛の原因として、男性ホルモンによる作用が挙げられます。新陳代謝は発毛を促進する働きもありますが、そのバランスが整っていないと、脱毛をもたらす因子との結び付きが強化され、結果的に薄毛を招いてしまいます。

毛乳頭や皮脂線の中には5αリダクターゼという酵素があります。男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつくことで、さらに強力なジヒドロテストロン(DHT)を生み出します。

それらによって発毛に必要な亜鉛が消耗され、より活発になった男性ホルモンが、つむじの皮脂を増やし、頭皮環境の悪化を引き起こすことに。

男性ホルモンがつむじをハゲさせる理由はこれ!

この強力なジヒドロテストロンは、毛母細胞に入り込み、毛髪が作られるときに必要なたんぱく合成を邪魔し、細胞分裂を止めてしまいます。そのため、毛根は休止期へと移行し、育毛・発毛をストップさせてしまうという結果に陥りつむじはげが進行してです。

毛髪が細くなってきた、量が減ったと感じるのは、毛母細胞が弱ってきた表れと言えます。

人はほぼ同じ量の男性ホルモンが分泌されるので、薄毛になるかどうかは、ジヒドロテストロンに変換してしまう5αリダクターゼの生成量の違いが大きく影響します。

薄毛の遺伝的要因は、そのような体質を受け継いでいることが原因の一つかもしれません。より有効な薄毛対策や改善法を取り入れるために、生理学的な仕組みを知ることも大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ