20代でも油断大敵!つむじはげは不規則な生活が災いしてる?

現代はあらゆる世代層にとって、ストレス社会と言っても過言ではありません。

中でもハードな仕事や勉強、スマホやタブレットによる長時間の拘束、なかなか改善されない就職難など若者が抱えるストレスは膨大です。

ご存知の通り、ストレスは病気や不調を引き起こす万病のもとであり、その影響は身体だけではなく毛髪にも如実に現れます。

最近では男性の場合、思春期以降から20代の早い時期に、ストレスによる薄毛症状が出る人が多くなりました。

それらは加齢や老化現象による脱毛症とは区別され、若年性脱毛症と呼ばれています。

20代でもストレスが原因で薄毛になる訳とは?

ストレスが溜まると中枢神経に影響を及ぼし、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。

ホルモンバランスは毛髪と作用関係があり、特につむじとは密接。20代のうちは身体に特別な自覚症状がなくても、つむじの毛髪には変化が出やすい人もいるので注意が必要です。

20代だから大丈夫と思っていると気づけば薄毛に!

またストレスとレベルで影響を及ぼすのが、不規則な生活習慣や食生活。

若いうちは寝る間も惜しんで遊び、バランスの悪い食事を繰り返してしまいます。

新陳代謝はピークを迎えますが、身体の再生機能が下降傾向に入る時期でもあるため、無茶な生活はホルモンバランスにも支障をきたします。

さらに髪にダメージを与えるカラーやパーマ。

傷んでしまうと修復に時間がかかるので、カラーなどはできるだけ控え毎日のケアを行いましょう。

ある日ふと抜け毛が多くなった、つむじにボリュームがなくなったと感じたら危険信号。

もし側頭部よりつむじの髪の方が細いなら、それは薄毛が始まっている証拠です。

生活の見直しなど改善できる部分はしっかり取り組むことが大切です。

20代なら薄毛への改善も期待できる!

遺伝も原因に挙げられますが、実践できることや考えられる要因を一つずつクリアしていくことで、進行をストップさせましょう。

若い時期の盛んな新陳代謝を活用すれば、育毛力の改善も十分見込めます。

それだけでは不安という人は、育毛剤や発毛剤もチェックしてみるのもおすすめ。

おしゃれもしたいし、遊びや恋愛も楽しみたい20代。髪の毛に自信をつけてより有意義な生活を送って下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ