30代がつむじはげになりやすいのは何故か

つむじはげは、日本人によくみられます脱毛症状です。特に50代以降の方にみられます。

これは老化により、ヘアサイクルが短くなったためですが、中には20代や30代の若い世代の方にもつむじはげがみられます。



30代のつむじはげの原因は男性ホルモンが関係している

この場合の理由は、老化とは違い、AGA(男性型脱毛症)による症状がほとんどです。

AGAとは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンと当細胞の受容体が結合して、ヘアサイクルを乱し薄毛になります。

このAGA患者の割合ですが、調べによると30代が最も多く、僅差で20代、次いで40代となっています。

なぜ、30代が最も多いのか、それは上述した男性ホルモン・ジヒドロテストステロンが関係しています。

ジヒドロテストステロン自体が悪い成分ではありません。この成分は筋肉や精力などいわゆる男性らしさには欠かせない成分です。

このジヒドロテストステロンが最も活発になるのが20〜30代と言われています。

つまり、この年代が最も多くのジヒドロテストステロンを生成しやすいのです。

ホルモン量が増えれば、その分受容体と結合する確率は上がり、結果としてAGAの発症率も上がるというわけです。



30代はげ原因の生活習慣の乱れを改善しよう!

ジヒドロテストステロンの元であるテストステロンは5αリクターゼという標的臓器により生成されます。

これらの成分は遺伝などによる影響が大きいですが、日頃の生活習慣によってホルモン量が変わることもあるとされています。

不規則な生活リズムや乱れた食生活、喫煙、また過度な射精なども影響している可能性があるとされているのです。

そのため、これらを改善することで、AGAの対策となります。特に30前後は、仕事の都合上、睡眠不足や栄養不足になりやすい年代です。

睡眠不足は毛髪の成長を妨げますし、栄養不足は毛髪にも栄養が届かないことを意味しますので、早急に改善するようにしましょう。睡眠に関しては夜間にしっかりと取るようにします。

特に22時〜翌2時は毛髪にとってゴールデンタイムと言われるほど成長が活発になる時間帯です。なるべくこの時間帯に睡眠を取ることがオススメです。

栄養管理にかんしては食事だけでバランスよく摂ることは難しいかもしれません。

そんな時はサプリメントなどに頼ってみるのもいいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ