薄毛レベル別。つむじはげに効果的な発毛治療!

薄毛の治療方法にはさまざまなものがあり、基本的にはつむじはげの状態や、脱毛の進行度合いによって発毛方法は決められます。

自分がどの程度はげか判断しづらく、治療方法を迷っている人は専門家医に診てもらうと良いでしょう。

薄毛の進行が初期段階!つむじがまだ目立たい方は自分でケア!

まだ薄毛が初期の状態、

    ・薄毛は始まっていないけど予防対策をしたい
    ・抜け毛が気になりだした
    ・親の遺伝でagaの疑いがある
    ・髪の毛の量を現状維持をしたい

このような方は、育毛シャンプーや育毛剤を使いながら、マッサージなどの頭皮ケアを行います。

Agaを発症しているか否かは病院で判断してもらいましょう。必要に応じて薬が処方される場合もあります。ただし飲み薬さえ飲めば改善され、毛量を保持できるというわけではありません。

医師によるアドバイスをもとに、生活習慣や食事などに気をつけ、規則正しい生活をすることが大切です。予防目的や現状維持を希望する、症状の軽い人は、これらを見直し、洗髪や頭皮ケアを意識するだけでも育毛効果が期待できます。

M字ハゲ・O字ハゲといった薄毛が進行している方は、専門医を活用!

前頭部からのM字脱毛や、つむじのO字脱毛、あるいはその両方が進行している、中~高レベルはげの人は、aga治療を専門とする病院を受診することをおすすめします。

薄毛対処には、フィナステリドやミノキシジルといった成分が配合された薬が用いられることが一般的です。

それらを服用しても十分な発毛が見られない場合は、美容皮膚科の分野における医療発毛法があります。

直接頭皮に毛髪の成長因子を注入する方法で、毛髪再生や、現存の毛髪の成長を促す効果があり、飲み薬と併用することでより高い結果が期待できます。

ただし効果を実感するまでには、目安として6か月~1年程度の期間と相応な費用が必要。

どこまで毛を増やしたいのかという希望を明確にし、病院側ときちんと共有しましょう。

自分はげがどれだけ進行しているかで、最適な育毛方法を選ぶ!

要する予算や期間を事前に確認し、無理なく続けられる方法や、信頼できる医療機関を選ぶことが大切です。

しかし基本となるのは身体がもつ自然治癒力。治療を活かすためにも、生活習慣を見直し、体質の改善に取り組みましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ