つむじはげ、べたつきに気付いたらagaのサインかも?

最近よく耳にするaga(androgenetic alopecia)とは、男性型脱毛症のこと。

成人男性にみられる進行型の脱毛のことを指し、おでこの生え際から脱毛が進むタイプや、つむじ周辺から円形を描いて進むタイプなどがあります。遺伝的要素や頭皮環境など、さまざまな原因が考えられますが、男性ホルモンの作用が大きく影響しています。

5αリダクターゼの影響を抑えることが、agaや抜け毛を防ぐポイント!

テストステロンという男性ホルモンが、頭皮に存在する5αリダクターゼと結びつくことで、DHTという強い脱毛作用のある男性ホルモンが生成されます。

DHTは皮脂を過剰分泌させ毛穴を塞ぐことで、毛髪の成長を邪魔し、さらには脱毛を促進させるというもの。頭皮が脂っぽい人はagaの可能性を踏まえて、早めにDHTへの対策をとった方が良いでしょう。

agaはゆっくり進行していくのが特徴。薄毛を実感してから色々と対策をとることで、進行を遅らせることはできるかもしれませんが、治療をしないと改善されることはありません。重症化する前に早めのケアが大切です。

agaの治療には、薄毛の改善方法によって費用が変わる!最適なのは?

では治療を行うにはどのようにしたらいいのでしょうか。

aga専門の病院や一般病院で診察を受ける方法や、治療薬を個人輸入して自己責任で治療する方法などがありますが、いずれも自由診療ですので費用にも差があります。

コストは個人輸入が最も抑えられますが、自己判断が難しく、国内の医薬品とは異なるため保障もありません。一方で医療機関では、保険適応外になるため高額になりますが、医師の診察により安全性や確実な効果が期待できます。

agaはすぐに治らない!根気強くつむじの髪の毛を増やすこと!

治療は長期になる場合もありますので、それぞれのメリット・デメリットをきちんと考え、自分に合った手段をとるようにしましょう。

病気と同様に早期発見が大切です。毎日鏡でつむじを見たり、まくらなどに抜け毛がどのくらい付着しているか確認したりと、こまめにセルフチェックを行いましょう。また親や祖父母に薄毛の人がいる、産毛のような細い毛が増えた、髪にハリやコシがなくなったなどに当てはまる人は特に注意が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ