つむじはげにならないように予防をしよう

つむじはげやハゲにならないためには、日頃から予防をしておくことも非常に大切なことです。

では、どのような予防方法があるのか、それは薄毛やハゲになる原因を紐解いていけば、自ずと答えが出てきます。



ホルモンバランスの崩れはつむじはげやハゲの原因に

まず、薄毛やハゲの症状には、AGA(女性に見られるFAGAも含む)、壮年性、若年性、円形、脂漏性に分けることができ、さらに、上記の5つの症状を原因別に分けると、男性ホルモンによるもの、ストレスによるもの、生活環境によるものの3つに分けることができます。

男性ホルモンを原因としている場合、ホルモン量を調整しなければいけません。

しかし、そう簡単に行えることではありません。薬を用いてホルモン量を減らす(厳密にいうと、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑える)ことはできますが、症状が出ていないうちに使用するのは好ましくありません。

では、どうすればいいのか、ホルモンバランスは生活環境の乱れによって崩れます。

つまり、日頃の生活環境を正しく整えることで、つむじはげに対して予防ができると言えます。



つむじはげ予防にはストレスの発散をしよう!

続いて、ストレスによる場合ですが、この予防としてはストレスフリーな生活を送ることがベストだと言えます。

しかし、社会で働く以上ストレスを受けないようにすることは不可能に近いでしょう。

そこで、ストレスを感じたら適度に発散するようにしましょう。ストレスは毛髪以外にも、多くの病気をもたらす原因です。

ストレスを発散することで、毛髪だけでなく、体にもいい影響であると言えます。発散方法は、音楽を聴いたり、映画を見るなど、時間を趣味に費やす方法でもいいですし、運動など発散と同時に汗をかくことのできる事でもかまいません。

オススメは、血行を良好にもできるため、運動をすることがベストです。

最後が生活環境の改善です。具体的にいうと、生活リズムを整える(昼に行動、夜に睡眠)、バランスのとれた食生活です。

生活リズムを整えることは自律神経を正常に保つという意味でも重要ですが、睡眠という意味でも非常に大切です。

毛髪は夜中に最も成長するため、その間に睡眠をとることがいいとされています。

食生活はバランスを重視して摂取しましょう。毛髪にいい成分を大量に取る方もいますが、それ以外の必要な栄養素が不足してしまっては何の意味もありません。

また、食事だけで栄養を摂ることが難しいという方はサプリメントなどの栄養補助食品を利用するといいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ