つむじはげには、血流が大きく関わっています

日本人の薄毛の症状で最も多いのはつむじとなっています。

こはげを改善していくには、血行促進をして髪の毛を健康状態にすることが重要です。

日本人はげ改善には血行促進がポイント

欧米では、M字型や前頭部の髪の毛が薄くなっていくタイプの人が多くなっています。

比較してみると、日本人が抱えるつむじの方が、症状自体の進行は緩やかなものとなっています。

この日本人特有はげを改善していくためには、血行を促進することが重要です。

血流と育毛は非常に深い関係にあり、血流が滞ることで、髪の毛の健康状態がどんどんマイナスの方向に向かってしまう場合も多いのです。



つむじはげ対策、血流を良くするためには?

そもそも髪の毛とは、毛母細胞の分裂と増加によって育成されていくものです。

この活動が正常かつ活発であることで、太くて健康的な髪の毛が生えていくというわけです。

この毛母細胞が活動するためには、毛細血管から送られて来る栄養分や酸素が不可欠です。

しかし、血行が悪くなることで、当然ですが栄養分も酸素も、毛母細胞にうまく行き届かなくなってしまいます。

そうすると、髪の毛は正しいサイクルで成長することが困難になってしまいます。

毛母細胞の働きが悪くなってしまうわけですからね。

そうして成長しきっていない毛が抜けてしまい、全体量も減少し続けてしまうのです。

逆に言うのであれば、血行を良くすることは、つむじはげに対する非常に有効なアプローチでもあるのです。

ヘッドスパをはじめとしたマッサージもそうですし、血流を良くするシャンプーなどが高い人気を誇っているのもそのためです。

また、ストレスを溜めないようにすることも重要です。ストレスは自律神経のバランスを崩してしまいますから、血管が萎縮して、血の流れも悪くなりやすいのです。

加えて、過度のストレスによって増加する「コルチゾール」と呼ばれるホルモンは、身体の生理機能を著しく低下させてしまいます。

睡眠時間や栄養分を十分にとり、適度な有酸素運動を日々の生活に取り入れていくことで、これらのトラブルは解決していくことが出来るでしょう。

また、禁煙もポイントのひとつになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ