つむじはげには抜け毛とボリューム減退の前兆がある

部位にかかわらず、薄毛やハゲになりたくないと思うのは誰しも同じことです。

特につむじは、かかんだ時やお辞儀した時だけに見えるため、精神的に受けるストレスはかなり大きなものです。

もし、つむじはげや抜け毛の前兆を感じたら早めの対策をしたほうがいいでしょう。



つむじはげは前兆を察知し早めの対策を!

日本人はつむじが薄くなりやすい傾向にあるため、薄毛で悩んでいる人の多くがつむじに症状を抱えています。

しかしながらつむじはげは早めに対処すれば早く改善することができます。

また、前兆を察知することができれば、症状の発症を遅らせることができるのです。前兆として、一番目安になるのが抜け毛の量です。

毛髪にはヘアサイクルがあり、抜けては・生えて・成長するを繰り返しているため、毎日抜け毛が起こるのは自然なことです。

毛髪の状態が正常な人でも1日に100本前後は抜けると言われているのです。そのため、多少の増減はあります。

しかし、確実に抜け毛が増えるようになると、いよいよ黄色信号です。



抜け毛が確実に増えるようになったら、頭皮に気を遣うようにしましょう。

症状が完全に現れていないため、安易な気持ちでいると、いつの間にかはげてしまうこともあります。

また、抜け毛が増えたからといって、適当な対策を行うのも要注意です。その対策がかえってひどい結果につながることもあるのです。

頭皮ケアとしては、育毛シャンプーを使用する、育毛剤を使うといった方法があります。

ただし、ご自身に合った商品を選び、正しい方法で行ってください。特にシャンプーに関しては、皮脂の除去を重視する方がいますが、必要以上に皮脂をとりすぎてはいけません。

抜け毛が増えるメカニズムは、毛髪の衰退です。毛髪のコシやハリがなくなり、細くなることで抜けやすくなるのです。

つまり、抜け毛が増える前に毛髪のボリュームがなくなります。このボリュームの減少も薄毛の前兆です。

頭皮ケアと並行して、生活環境を見直してみましょう。

睡眠不足や偏った食生活を送っている方は、すぐにでも改善するようにしましょう。

症状が完全に出ていないため、放置もしくは間違った対策をしてしまう方が多いですが、これは非常に危険です。

前兆が現れたら、正しい対策を行うようにしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ