つむじはげやハゲを薬で治療するという選択

つむじはげになることへの対策として育毛剤や育毛シャンプーを使用した方もいると思います。

それで改善することもありますが、中には効果がなかったと悩んでいる方がいるのも実情です。

上記の方法で効果を得られなかったからといって、諦めることはありません。

薄毛治療には薬を用いた方法もあるのです。



つむじはげ治療に使える薬とは?

これはフィナステリドのことを指します。

フィナステリドとは、AGAの原因とされているジヒドロテストステロンの生成を抑え、症状の進行を食い止めるものです。

つまり、毛髪を増やすというよりは、薄毛の症状をストップさせる薬ということです。

フィナステリドとは成分のことで、これを主成分とした薬は日本でも販売されています。

すでに説明した通り、フィナステリドは、薄毛の症状を食い止めます。この薬のみの服用では発毛・育毛を期待するのは厳しいといえます。

そこで、ミノキシジルの登場です。ミノキシジルとは、血管拡張剤として開発された成分で、治験段階で発毛効果がみられたことから、発毛剤として発売されるようになりました。

日本国内では塗布タイプの発毛剤が発売されています。

ちなみに、この発毛剤は第一類に指定されているため、どこでも購入できるわけではありません。



併用して使いたい!フィナステリドとミノキシジル

このように症状を抑えるものと、毛髪を生やすものを併用することで高い発毛効果が現れると言われており、日本皮膚科学会もこの組み合わせを推奨しているので、安心して使用することができると言えます。

また、つむじの症状に対して育毛剤や育毛シャンプーを使用しても効果が得られなかった方の中には、フィナステリドとミノキシジルの併用で発毛効果を得た方が多くいるのも現状です。

使用する上で、重要なのは継続して使用することです。

毛髪にはヘアサイクルというものがあり、この関係からすぐに毛髪が生えてくることはありません。続けて使用することで初めて効果が表れるというものです。

ただし、用法・用量を守った上で使用することが大切です。過剰な量や数の使用は副作用を引き起こすことになります。

また、昨日使用するのを忘れたからといって、次の日に倍の量を使用しないようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ