つむじはげ対策。積極的に摂るべき亜鉛などの必要成分はこれ!

健康な毛髪には必要な栄養素があります。

毛髪の主原料となるのはたんぱく質ですが、そのたんぱく質を毛髪に変える働きをするのが亜鉛です。

つむじの髪を生やすためには、タンパク質に亜鉛は不可欠!

たんぱく質をいくら摂取しても亜鉛が不足していると、毛髪には反映されないということ。またそうして作られた毛髪を維持したり、栄養を送り込んだりして、つむじの頭皮環境を整えるのがビタミンです。

亜鉛はミネラルの一種なので、毛髪によい成分として「たんぱく質・ミネラル・ビタミン」と挙げられることもよくあります。これらは育毛剤や洗髪剤といった外部からの摂取は不可能なため、食事を通して取り入れなければなりません。

最近薄毛が気になる、白髪が増え毛髪にハリがなくなった、肌や爪に元気がない、濃い味付けが好きなどに当てはまる人は不足している可能性も。食生活の見直しは、毛髪はもちろん、身体の健康状態の改善にも効果があります。

薄毛に効果を発揮する亜鉛について詳しく理解する!

亜鉛は、牡蠣などの貝類に多く含まれ、レバーやチーズなどの肉類や乳製品へと続きます。

収率が弱い成分なので、根気強く継続することが大切です。またストレスや疲労、飲酒などにより、消費されるという特徴もあるので、併せて注意が必要です。

意識しないと不足してしまいがちな上に、消費要因も多い成分なので、知らず知らずのうちに不足しているという人は少なくありません。

一日の摂取目安量は22.1mg~15.0mgで、ミネラルを多く含む牡蠣でも、15.0mgに達するには6個、鶏もも肉の場合は500gとかなりの重量になります。

全てが吸収されるとは限らないので、薄毛対策を考えている人ならもう少し摂取したいところ。かといって、肉類の摂り過ぎは避けなければいけません。

育毛目的で確実に必要な量を摂取したい人にはサプリもおすすめです。バランスの良い食事と、効率的なサプリの組み合わせで無理なく続けられる環境を整えましょう。

食生活の改善は、他人から言われて実行することはなかなか困難です。つむじの増毛と真剣に取り組み、改善の意識を持って自発的に行いましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ