つむじの頭皮環境維持で未然に薄毛対策しよう!

一般的に男性は、20代を過ぎると頭髪が薄くなります。

男性型脱毛症という老化現象の一種ですが、遺伝や男性ホルモンの過剰な分泌などさまざまな原因が考えられます。



早めの育毛対策がつむじのハゲを予防できる!

親はげだから自分も心配だと、未然に予防や対策をする人も少なくありませんが、それは賢明な判断です。何事も回復させるより予防するほうがはるかに簡単。

頭皮や毛髪が元気で健康なうちに、予防を心掛けつむじの頭皮環境を整えておくことがその後を大きく左右します。

食事や生活習慣は日々の積み重ねにより、良くも悪くも影響を及ぼします。コンビニ弁当やファストフード、脂っこい食事ばかりで、飲酒や喫煙を繰り返す生活には、薄毛の危険性が潜んでいます。

毛髪に有効なたんぱく質や亜鉛、ビタミンなどをバランスよく摂取するように意識しましょう。

適度な運動も日常的に行い、新陳代謝を高めることも大切です。また毛髪が成長する22時~翌2時の間はしっかりと睡眠をとるなど、薄毛対策を前提とした規則正しい生活を習慣づけておきましょう。




つむじはげに気づく前に育毛ケアが効果大!

毛髪量に変化がないと、育毛剤は必要ないと思われがち。しかし育毛剤の使用は先手必勝です。

特に薄くはなっていないけど、つむじの髪のボリュームがなくなった、毛髪にコシがなくなったと感じている人は、早いうちから育毛剤の使用を開始しましょう。

また並行して、シャンプーの見直しも行って下さい。シャンプーにはたくさんの種類がありますが、毛髪や頭皮にダメージの少ないアミノ酸系や海藻エキスなど効果的な育毛成分を含んだものを使うことが大切です。

安価な商品に多い高級アルコール系は洗浄力が高すぎたり、過剰なメントールが配合されたものは肌に刺激を与えたりするので、つむじの毛髪量を維持するためには避けた方が良いでしょう。

育毛剤や髪に良いシャンプーなどを使うことによって、毛髪への意識も高まり、知識も身につきます

。将来の毛髪維持や薄毛対策へ働きかけるために、元気な毛髪を大事にしようという気持ちをもつことが大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ